ルミガン 緑内障

ルミガンは緑内障の薬が始まり

今、まつ毛の育毛剤として、世界中の女性たちから注目を集めている医薬品があります。

それが「ルミガン」です。

元々、緑内障の点眼薬であるルミガンですが、これを使った緑内障患者の多くが、副作用でまつ毛が伸びたり、増えたり、濃くなったという報告があり、開発元のアメリカのアラガン社がまつ毛の育毛剤として研究を始め、緑内障の点眼薬として認可されているルミガンを美容目的としての認可はできず、改めて、ルミガンと同じ成分の薬液に、アプリケーターというまつ毛に薬液を塗るためのブラシを付けたラティースという製品でアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されています。

アメリカで、まつ毛の育毛剤として、効果が立証され、医薬品として認可されたラティースの人気は瞬く間に世界に広がりました。

まつ毛の育毛剤というのは、美容目的だけではなく、抗がん剤治療によってなど、薬の影響でまつ毛が抜けてしまった患者さんなどにも多く使用されています。

しかし、ラティースはアプリケーターの付いた医薬品ですが、ルミガンと全く成分が同じものであり、アプリケーターが付いただけでかなり高額になる事から、ルミガンを購入し、綿棒などで薬液を塗る方が多いです。

ルミガンは日本でもアメリカでも緑内障の点眼薬として認可されているものです。

それで副作用等があっても自己責任と言われても仕方がない気がしてしまいます。

ルミガンは有効成分ビマトプロストが眼圧を下げる働きをします。

緑内障や高眼圧症に用いられます。ルミガンの薬液が緑内障患者以外の目に入ってしまった場合に、角膜障害を起こしたり、ドライアイになってしまう場合もあるので、薬液を塗る際には注意が必要です。

自分のまつ毛が伸びる効果のあるまつ毛の育毛剤として気軽に使用している女性が多いのですが、目の充血や痒み、色素沈着、角膜障害、ドライアイなどの副作用も多数報告されているので、このようなリスクも考えたうえで使用しましょう

>>ルミガンの詳細はこちら<<